検索
  • yinaba1007

テストの目的


ゆるやかにテスト対策開始!

3年生にはさっそく対策リストを配布。


中間テストから期末テストまで1ヶ月しかないものの、だからといってテスト範囲が短いわけではなく、学校の定期テスト勉強を学校の授業ペースに合わせると間に合わないという理不尽な事態に直面!?

…でも3年生はそのことを経験上納得してくれていて、リストを見てやる気に火がついたような気がします。

これが感情的な行動ではなく理性的な行動であることを願うのみ。


脱・3日坊主!

「1日で終わったから3日坊主じゃないよ?3日も持たないし。」

…とか、面白くないから。まじで。

これまでにない「本気」を見せてくれ!



それにしても、1中の数学

2年生も3年生も同じこと言っているようで…

「中間テストが簡単だったから期末テストは難しくします!」

って。


ん?なんだなんだ?

いたずらに難しい問題を出して無理やり差を作ろうとしているのか?

絶対評価なんだから、みんな単元を理解したらみんないい点数を取って、みんな4とか5とかつけていいんでないの?

ていうか先生は生徒みんなが単元を理解して、みんな高得点を取ることを望んでないのかね?



たぶんそうなんだろうな。残念ながら。

みんなが5を取るなんて通知表つけらんないもんな…

結局通知表をつけるために差がつくテストを作ってるってことなんだよな。



なんて皮肉がよもや生徒さんから飛び出しました。びっくりです!

数年前の本ですが、「学校の当たり前をやめてみた」で同じこと書いてありましたね。


まったくその通りですよね。


学生さんがテストでいい点数を取りたくて勉強するのに、何をすればいい点数が取れるのか?まあそれを自分で考えるのもすごく大切なんですが、ある程度道筋を示してあげないと。1人一台タブレットを配ってはいるけど、学生さんの「学びやすさ」は改善されたのか?先生の趣味のようなテストを作られたら文科省がどんな改革を打っても何も変わらんのだろうな。



ぐちぐち言いますけど…

そんな文句を飲み込んで、まずは基本から!手っ取り早く学校ワークを仕上げましょう!




西東京市田無の個人塾

稲塾







閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示