検索
  • yinaba1007

フィードバック


ちょっと時間差があって田無2中、4中のテストが終了!

1中、3中の結果が戻ってきている中ですが…


まあまあ、そこそこいいんじゃないですか?


特に年末年始あたりから稲塾に入った生徒さんの成長が感じられてうれしいです!


1学期の中間は担当の先生が変わって傾向が読みにくかったり、3月に授業した単元の扱いが分かりにくかったりで対策しにくいテストなんですが、どんな傾向が出てきても結果が出せるのは実力がついてきた証拠。実力の基盤である「学習力」が身についてきていますよ!



さらに学習力を高めるために「フィードバック」を行いましょう。

実はフィードバックこそが学習効果を高める最大の秘訣。

学習効果について科学的にアプローチしている第一人者、ジョンハッティさんが言ってました。うん。気が合う。100%同意しますww

興味がある方は本を読んでみてください。めっちゃ高いですが…


勉強してるのに成果が上がらない人、

何も考えずに端から端まで教科書読んだり問題集解いたりしてもダメですよ!



よく定期テストが終わった後にテストのとき直しが課題にされますが、目的はできなかった問題をできるようにすることではありません!

だって次のテストに同じ問題でませんから。数学の計算は例外ですが。



テストの点数は自分の努力に対してのフィードバックです。



何が良くて何が悪かったのか。振り返りましょう!考えましょう!そして次に活かしましょう!!

先生の趣味のようなクイズのような問題が出来なくても…あまり相手にしなくてもいいんじゃないですかww…3年生は内申点が絡むから何とかしないといかんのですが、1年生、2年生のうちから積み重ねるものじゃあないので。


「もっと頑張る」とか「1日3時間勉強する」とかお題目のような目標、反省をしないでくださいね!


ん?どうやって振り返るかって?それは塾の中で一緒にやっていきます。

適当なこと書いたらちょっと痛い目に合うのかも…


嫌いな言葉は「絵に描いた餅」です。

私は反省、目標を書くことを目標にせず、反省をもとに目標を立て、実行していくことを重視しますよ!

大人に忖度した目標を立てるのではなく、自分が成長するために何ができるのか?本当にできるのか?そもそも具体的な行動指針があるのか?


今回に引き続き、次回のテーマでもあります。




西東京市田無の個人塾

稲塾

閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示