検索
  • yinaba1007

ミスを「気をつける」人は成長しない


突然ですが、水族館でのワンシーンです



イルカの餌やり!

へっぴり腰の息子もなんだかサマになってきたような…


ん?これが何かって?


やる前に飼育員さんからの注意事項です。


「トングを落とすとイルカが間違えて食べてしまいます。必ずトングのストラップを手首に巻いてください


うん。当たり前だ。当たり前なんだけど、なんだかヒントを発見!

ちょっと話を聞いてて感じました。


「トングを落とすとイルカが間違えて食べてしまいます。だからトングを落とさないように気をつけてください


これだったら非常にいかんですよ。

事故は起こります。

もう機関車トーマスの世界です。


何も具体性がない、つまり単なる精神論ですから。


ミスを防ぐためには「気をつける」んじゃなくて具体策!


そうだよな〜…「ミスがあったから気をつけます」って振り返りをみるとなんかダメだなって思う。またやるな〜…って。まあまあ、本当にミスなのか分かってないのかはおいといて。


教える方も教える方。子どもの失敗をみると何か言いたくなるんですよね。でもたいしたことが言えずに結局「気をつけて」って言うけど、たぶんこれが一番よくない!子どももなんか失敗したら「気をつける」って言えばいいんだ!って学んでるだよな。反省です。


とりあえず勉強面に限った話ですが、

解決の糸口はふせんのメモ!

頭の中だけで考えてはダメ!



2学期のテーマが多い気もするけど、これもテーマです。



西東京市田無の個人塾

稲塾





閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示