検索
  • yinaba1007

稲塾の中間テスト対策


稲塾が始まって最初の定期テストが近づいてます。


1年生はまだ授業が全然進んでいないので、テストと言われてもあんまりピンと来ませんが…2年生は1年生の3月に扱った内容が中心になりそうですね!テストをやる限り、もちろん結果にこだわって勉強してほしいのですが、稲塾のテーマとして「勉強の仕方を学ぶ」があります。


大きな柱としては…自己管理!


塾に来てから「今日は何やるの?」と聞かれて答えられない生徒さん。何も準備せずに来ていませんか?

確認テスト、追試に失敗しても悔しがらない生徒さん。目標を持って、全力で勉強に取り組んでますか?



今まではこんな生徒さんに対して結構私の方からプレスという「力技」を使ってきましたし、必要な生徒さんには必要な分だけ使いますが…私のプレス任せだと短期的に良くなるように見えても長期的には成果が上がらないんです。


私も子どもの「片づけ」に大苦戦中でして…部屋が汚くなって見かねて親のほうから「片づけなさい!」なんて言って、子どもは怒られたから片づけを始めますが、1週間後、同じやりとりが繰り広げられます。「言われたらやる」はだんだんと「言われるまでやらない」「まだ言われてないから、まだやらなくていい」に変わってきてしまうからです。宿題とかゲームも同じ原理です。また「褒めて伸ばす」もこれと大差はなく、「褒められるからやる」は「褒められなかったらやらない」になってしまい行動が本質的ではなくなってしまいます。褒めて伸ばすは気分は良くなるので叱るよりいいのですが。(正解は「提案することと一緒にやること」だそうです。そして何度も。何回言っても何回でも忘れてしまうものだそうです)


ある程度プレッシャーをかければある程度の点数は取れるようになるのですが、これは定期テストのような範囲が決められたテストに限ります。(つまり「実力問題」が出てきたら話は別です…)そして大切なのは高校生になってから。いつまで経っても「言われなければやらない」だと一瞬で置いていかれてしまいます。



こういう自己管理能力は年齢が上がれば身についていくというものではないようです。だからこそ勉強通じて自己管理能力を育むことが小中学生が勉強をすることの本質ではないのでしょうか?この点、漠然とではなく「はっきりと」伸ばしていきたいと思っております。具体的なプランはできておりますが、これは中間テストが終わった後に…



…もちろん塾なので点数は伸ばしますけどね!プリントもたくさん作ります!私も全力で取り組みます。生徒さんも全力で取り組んでくださいね!






23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示